神灵附体

genius - texte - poets

想像と才能

自然に輪郭は存在しないが、想像にはそれがある。

ウィリアム・ブレイク「芸術の意味」)

 

自然はただの辞書にすぎない。

ウジェーヌ・ドラクロワ「日記」)

 

自然を汝の師とせよ。

ウィリアム・ワーズワース「忠告」)

- 1 -

才能について語る時、私たちはまず「才能における評価の対象」について議論しなければならない。昨今、特に個性の重要性が主張されるようになった。個性の乏しい人間は一部の社会から疎外され、憂き目にあうほどで、その競争はますます激しくなっている。それは個人の能力が尊重される社会であることを示唆しており、今まで散々虐げられてきた「禁忌の題材」を多くの人々が寛容に取り扱うことのできる素晴らしい時代であるのかもしれない。しかし、それは才能の評価が「正当」になされていればの話である。

- 2 -

限りある人生において「個性の尊重」は、幸福な人生を送るためにどの時代でも重要な位置を占めていた。自身の制作した作品が、あるいはまた作物や思想が、自分以外の多くの人々によって認められ、さらに権威ある人々や名も知らない人々に賞賛される人生は、何ものにも代えがたい「喜び」がある。作者は才能が認められることで、後世にまで語り継がれる「名声」を手にする。それは形あるものではないが、過去の人生の全てが間違いではなく、正当であったという何よりも力強い証明となり、これから過ごす人生において不純な迷いを一切捨てることのできる「自信」となる。

自身の才能を信用して迷いなく生きることのできる人生は、今後あらゆる障壁が目の前に立ちはだかろうと、それをのり越えていくことができる。彼らは間違いなく、人生における目的のひとつを果たしたのであり、最も重要な精神を、つまりは「勇気」を獲得したのだ。私たちが作品を評価する時、作品そのものの造形の美しさや社会への影響力もさることながら、作者の「誇り高き精神」を讃えていることも記憶しておけなければならない。

- 3 -

作品を正当に評価するにあたり、重要な要素とは「造形」と「社会への影響力」と「勇気」の三点である。第一に「造形の正当性」は、面や線、色彩、構図、質量、質感といった理性的な判断によって評価される。第二に「社会への影響力の正当性」は、常に抑圧する概念として存在する社会への批判として、人々の感性の訴えを描きだすこと、その正確さと感情の豊かな描写によって評価される。第三に「勇気の正当性」は、最善なる精神の出現を促すこと、その徳の偉大さや知性のさらなる発展の可能性によって評価される。つまり、あらゆる作品は「理性」と「感性」と「知性」の三点によって正当に評価されなければならない。

以上の三つの異なる性質を評価する時、はじめて「個人の才能」は人々の正当なる判断によって評価される。そして、理性と感性と知性を同時に刺戟する作品は、実存する自然の背景を凌駕した「詩作品」と呼ばれる。そして、私は全く新しい概念として提唱するのだが「詩作品」を生み出した人々を、天賦の才能を有した「天才」として認めることをここに宣言する。